季節で外と中でも空気が違うから

スキンケアは1年中欠かさずに行うことが大切ですが、ずっと同じやり方ではいけません。季節によって、湿度や紫外線の量なども変わってくるので、きちんと状況にあった美容ケアをするようにしていきましょう。外と中でも空気が違うということは感じている方も多いはずです。まずは、保湿の仕方です。夏の場合は湿度も高いため、軽く化粧水をつけただけでも、肌からは十分にうるおいを感じられます。また、汗もかきやすくなっているので、日焼け止めなどはこまめな塗りなおしが大切だといえるでしょう。大変なのは冬の保湿でしょう。何かと全身もカサカサしやすい季節です。化粧水のほかに乳液や美容液などでていねいに蓋をして肌を乾燥から守るケアをしなくてはいけません。化粧品もさっぱり系のものからしっとり系のものまで様々なので、その時の湿度と肌状態に合わせて使い分けるようにしましょう。もちろん季節だけでなく年々歳をとることも考え、エイジングケアの仕方も考えたケアをしていきましょう。